トップページ > タブレット比較 > タブレットメーカー一覧

タブレットPCをメーカー毎に比較・検討

Appleメーカーのタブレット・iPadをスペック比較

Apple製のタブレットは、世界で最も有名かもしれません。
iPadという製品名で高性能で、高品質なタブレットを発売し続けています。
毎回、新作の発表時には大変話題になります。

Acerメーカーのタブレットをスペック比較

Acer製のタブレットで有名な製品が、ICONIA TABです。
性能がよく、かつ安いということで、人気を博しています。
インターフェイス周りも充実しており、USBやminiHDMI端子などに対応しています。

AKARTメーカーのタブレットをスペック比較

AKART製のタブレットは、非常に安価ながら全体として使い勝手がよく評価が高いメーカーになります。
このメーカーの製品としては、ちょこっとAndroid CH-AND500が有名です。
スマートブックだけどちょっとパソコンという感じです。

ASUSメーカーのタブレットをスペック比較

ASUS製のタブレットは、Androidタブレットの中でかなり人気があります。
理由としては、そこまで高価ではないが、ひと通り高額タブレットに付いている機能が詰まっているからです。
そしてやはり、動作処理がサクサクでストレスが少ないのもオススメのポイントです。

Camangiメーカーのタブレットをスペック比較

Camangi製のタブレットは、Googleの全てのアプリをサポートしています。
Mangrove 7という製品が、同メーカーでは大変有名です。
ハイエンドのAndroid端末で、便利で使いやすいユーザーフレンドリーです。

COBYメーカーのタブレットをスペック比較

COBY製のタブレットは、中華タブレットと同じような性能ですが、メーカー本社がアメリカにあります。
COBY自体はあまり名前を聞きませんが、アメリカでは、有名な企業です。
主に情報家電製品を扱っており、価格が安いのが特徴です。

CREATIVEメーカーのタブレットをスペック比較

CREATIVE製のタブレットは、エンターテイメントタブレットを目標として常に進化しています。
Ziioシリーズでは、音質に妥協せず高音質なタブレットとして使用できます。
ゲームや音楽、ビデオなどエンターテイメントを楽しみたい方へオススメできるメーカーです。

EFUNメーカーのタブレットをスペック比較

EFUN製のタブレットは、非常に安価です。
nextbookシリーズが有名でして、安価ながら標準的な機能を有しています。
タブレットってどういうものなのか、触れてみたいという方へ安く遊べるタブレットかと思います。

HPメーカーのタブレットをスペック比較

HP製のタブレットは、企業での利用も視野に入れた作りになっています。
Slate(スレート)シリーズのタブレットPC。で、企業に最適のWindowsOSを搭載しています。
マルチタッチとペン入力で、様々な業務をサポートしてくれます。

MSIメーカーのタブレットをスペック比較

MSI製のタブレットは、WindowsOS搭載で、パワフルなタブレットを販売しています。
WindPadシリーズは、初めての方でも操作しやすいように専用ツールを用意しています。
WindPadも企業での利用を視野にいれた作りになっています。

ONKYOメーカーのタブレットをスペック比較

ONKYO製のタブレットは、ユーザの必要とするレンジすべてを満たした商品展開をしています。
TWシリーズでは、非常に充実したインターフェイス構成です。
無線、USB、HDMI、カメラ、Bluetooth、ヘッドホン出力など。

ドスパラメーカーのタブレットをスペック比較

ドスパラ製のタブレットは、余計なプリインストールアプリがないところが特徴です。
コアな方々に喜ばれるのが、ドスパラ製品となります。
Windows OSを搭載したタブレットPCを探している方への候補の一つになる。

IODATAメーカーのタブレットをスペック比較

IODATA製のタブレットは、メディアプレイヤーとなっています。
写真、ムービー、音楽を家族や友達と一緒に、楽しめる。
ユーザの方が使いやすいインターフェイスになっているのも特徴的で独特のデザインをしています。

Lenovoメーカーのタブレットをスペック比較

Lenovo製のタブレットは、価格が安いが外見は安っぽくないのが特徴です。
用途を限って利用していけばこれほどピッタリなタブレットはない。
一般ユーザー向けにIdeaPadを展開しており、企業向けにはThinkPadを展開しています。

LGエレクトロニクスメーカーのタブレットをスペック比較

LGエレクトロニクス製のタブレットは、ハイスペックです。
ハイスペックだと電池の持ちがきになるところですが、大容量バッテリーをしようしています。
世界で展開している大企業で安心した端末設計となっている。

Mobile In Styleメーカーのタブレットをスペック比較

Mobile In Style製のタブレットは、低価格なところが特徴です。
Mobile In Styleは、キングソフトの子会社になります。
グループ会社の提携などで本体価格を徹底的に落としています。

MOTOROLAメーカーのタブレットをスペック比較

MOTOROLA製のタブレットは、質実剛健なデザインが特徴です。
高い処理能力とコンパクトも同時に実現しています。
また、省電力にも力を入れており連続使用時間が長いです。

NECメーカーのタブレットをスペック比較

NEC製のタブレットは、iPadに対抗できるタブレット作りをしています。
性能、重量、連続使用時間に気を配った設計になっています。
個人向けのタブレットPCと法人向けの2種類のタブレットを展開しています。br />

SONYメーカーのタブレットをスペック比較

SONY製のタブレットは、エンタテインメント性を重視しています。
優れたデザインで、サクサク動く操作性。
そしてソニー製品との連携ができるようになっています。

TAXANメーカーのタブレットをスペック比較

TAXAN製のタブレット1台あれば色々な楽しみ方ができる。
SNSやブラウジング、動画再生など。
PC並の高い拡張性があるのも特徴の一つ。

サムスンメーカーのタブレットをスペック比較

サムスン製のタブレットは、docomoとの連携を強めています。
スマートフォンで有名なGALAXYをタブレットPCでも発売しています。
Xiにも対応してきており、サムスンのタブレットはあらゆる機能に対応しようとしています。

シャープメーカーのタブレットをスペック比較

シャープ製のタブレットは、電子書籍が読みやすい設計になっている。
大きさも小さなものがあり、持ち運びにも便利で片手で持てる。
動画の再生もラクラクで処理能力も高い。

マウスコンピューターメーカーのタブレットをスペック比較

マウスコンピューター製のタブレットは、高い処理能力があります。
ソフトウェアとしては大変シンプルでコアな方向けと言ったほうがいいでしょう。
カスタマイズをしていくことで、オリジナルのタブレットPCになります。

東芝メーカーのタブレットをスペック比較

東芝製のタブレットは、高画質で高音質そして使いやすいといった項目に力を入れている。
プラスタブレット本来の使用用途とは?について考えられ、タブレットPCならではの設計になっている。
独自の機能が多く、処理能力も抜群。間違いのないメーカーだ。

富士通メーカーのタブレットをスペック比較

富士通製のタブレットは、防水や指紋センサー搭載しているモデルが多い。
スマートフォンで得た技術・実績をタブレットにも応用している。
ユーザのことを考えられた設計のタブレットPCだ。

予算からタブレット比較

シリーズからタブレット比較

メーカー一覧

スポンサードリンク